皆さんは、「パテラ」という言葉を聞いた事がありますか?

これは、トイプードルが先天的に患っている事が非常に多い病気の名称です。

貴方のお家のトイプードルは、最近、散歩時に足をかばって歩いていたり、

途中で歩かなくなったりしていませんか?

 

もしそんな症状があれば、それ、パテラかもしれません。

今回は、トイプードルの最も注意したい病気、パテラについて考えていきたいと思います。

宜しければ是非ご覧ください。

Sponsored Links

パテラ症状の見分け方は?

 

英語でパテラとは、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)を意味しております。

膝蓋骨とは犬の後ろ足の膝関節にある、人間で言う所の膝のお皿の事でして、パテラ(膝蓋骨脱臼)は膝のお皿が正常な位置からずれてしまっている状態を言い、特に小型犬に多い病気です。

 

患う原因は、遺伝性(生まれつき)のものと、外傷性(生まれた後)のものがあります。

遺伝性では、膝蓋骨が収まっている溝が先天的に浅い事や、膝関節周囲の骨、筋肉の付き方の異常などが膝蓋骨脱臼を起こす

原因と言われておりまして、一方、外傷性は、打撲や落下などの怪我や事故が原因で起こります。

症状は進行具合にもよりまして、そのグレードは4段階に分かれております。

 

グレード1の初期症状では、脱臼しても自然に元に戻ります。

症状もなく飼い主さんもほぼ気付きません。

グレード2では膝関節が不安定になり、脱臼すると自然に元に戻る事はありませんが、正しい位置に膝蓋骨を押し戻す事は可能であり、日常生活に支障が出る事はほぼありませんが、走っている時に、急に後ろ足を挙げるなどの仕草が見られます。

 

グレード3では、普段から脱臼した状態となり、押し戻すと正常な位置に戻りますが、またすぐに脱臼した位置に戻ってしまいます。

この段階になると、ジャンプをしなくなり、階段を歩けなくなります。

グレード4では、常に脱臼状態となり、押し戻しても正常な位置には戻りません。

元気がなくなり、しゃがんだような状態で歩くようになります。

 

パテラは、どの犬種でもかかる疾患ですが、特にトイプードル、チワワ、ヨークシャテリア、ポメラニアンなどの小型犬に多く見られます。

小型犬は、骨が小さく大腿骨滑車溝(膝のお皿が乗っている溝)が浅い事から膝蓋骨脱臼になりやすいと言われておりまして、

トイプードルのような人気犬種は、ブリーダーの乱繁殖により先天的にパテラの障害を持っている子が非常に多く、その発生率は8割とも言われております。

 

パテラの手術費用やサプリメントは?

 

膝蓋骨脱臼は、グレード1の初期症状の段階では内服薬による治療が一般的ですが、1歳未満の子犬の場合、グレードが低くても手術をする事を最新の獣医学では推奨しております。

通常、手術の適用はグレード3までが対象となり、グレード4では手術が非常に難しくなり、完全な回復が見込めない可能性がある為、その点を理解した上での手術になります。

 

手術費用はグレードにより異なり、グレード3ならば、小型犬ですと大体、手術費と入院日を含めて相場は15万円程(手術の種類により費用も変わってきますが、グレード3の一般的な手術法による費用です。)ですが、グレード4になると一気に値段が上がり、30万円~かかります。

(病院により費用にバラつきがあり、外科設備の整った大きな病院などは50万円程かかる場合もあります。)また、術後のリハビリを含む入院費、通院費を含めると更に高額になります。

 

退院後は、トイプードルの脚に負担をかけさせない生活をさせる事が第一でして、散歩時には、段差を歩かせないようにする事や、家の中では、フローリングの上に絨毯を敷いてあげるなどの配慮が必要です。

 

また、予防の観点から、サプリメントを取り入れるという方法もあります。犬の関節用に作られたサプリメントは、特にグレード1の段階で飲ませると効果が期待出来るようでして、膝蓋骨脱臼の予防に飲ませているトイプードル飼いさんも大勢いるようです。

犬の関節用サプリメントでは、グリコフレックス、プロモーションなどが口コミでも人気が高く、グリコフレックスは、軽度の関節炎、中度、かなり悪化した時用と3種類販売されているのが特徴でして、アメリカでも人気のサプリメントの様です。

プロモーションは動物病院でも勧める事が多いようで、効果もさる事ながら、コスパの面でも人気のサプリメントです。詳しくは各HPをご覧くださいね。

 

まとめ

 

トイプードルのおよそ8割が、生まれながらにしてパテラの障害を抱えているなんて辛い事ですね。

パテラを悪化させない為には、やはり日頃からの予防が大事でして、適度な運動で肥満を予防し、良質なフードを与え、サプリメントで栄養摂取する事など、毎日の積み重ねが予防に繋がります。

皆様の大事なワンちゃんがいつまでも笑顔で走ってくれます