この記事をご覧になっている貴方は、外で飼えるワンちゃんを探している方でしょうか?もしくは、何等かの事情があって、

トイプードルを外飼いしたいと思っておられる方でしょうか?

外飼い、室内飼い、飼い方はそのお宅によって様々ですが、果たしてトイプードルは外で飼うに適した犬なのかどうなのかを調べました。

トイプードル飼い初心者の皆様のご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

 トイプードルは外で飼えるのか?外飼いに適した犬種とは?

 

基本的に小型犬のような体の小さな犬は外飼いに向いておりません。

中でもトイプードルという犬種の特徴を考えると、外で飼うのはとても酷な事になります。

それは後ほど記載させて頂くとして、それでは、外飼いに適した犬種とは、どんな犬種をいうのでしょうか?

 

外で飼うという事は、暑さ寒さに耐えられる犬種でなければいけません。

外飼いしている犬というと、柴犬を思い出す方が多いと思いますが、日本犬である柴犬は、当たり前ですが外国の犬種より日本の風土に適応した犬種であり、暑さや寒さにも比較的強い方だと言われております。

 

また、柴犬と同じ日本犬である北海道犬、秋田犬、紀州犬、四国犬、甲斐犬も日本の風土に適した外飼いに比較的向いている犬種といえます。

他にも、外飼いに向いている犬種としては、被毛が季節によって生え変わるダブルコートを持つ犬種が挙げられます。ダブルコートとは、被毛が下毛と上毛の二重になっている事でして、寒い時期は毛が密集し、暑い時期には毛量が少なくます。

 

よって、ダブルコートの犬種は体温調節が出来るという点から比較的外飼いに適している犬種といえます。ダブルコートの犬種としては、ボーダーコリーやゴールデンレトリーバー、コーギーなどが挙げられます。

 

しかし、ダブルコートでも、外飼いに向かない犬種もおります。

シベリアンハスキー、サモエド、バーニーズ・マウンテンドッグなどの犬種は寒い地域原産の為、寒さにはとても強いですが、

暑さに非常に弱いため、暑い時期の外飼いはとても耐えられません。

 

それらの犬種の他に、外飼いに向かない犬種としては、シングルコートの被毛を持つ犬種が挙げられます。

シングルコートとは、被毛が上毛しかない為、とても寒さに弱く、ダブルコートに比べると体温調節が苦手な犬種です。

プードル、パピヨン、マルチーズ、シーズー、イタグレなどが、これに該当します。

 

トイプードルは外で飼えない?トイプードルの飼育時の注意点!

 

上記の理由から、トイプードルは外飼いには向いておりません。

また、シングルコートで寒さに弱いというだけでなく、トイプードルのような まめなトリミングが必要な犬種は、

外飼いには向いておりません。あのくるくるした巻き毛も非常に汚れやすく、外で飼うことにより毛のお手入れがとても

大変になりますし、お手入れが不十分になると毛玉ができ、そこから皮膚病になる可能性もあります。

 

更にトイプードルのような人気のある犬種は、外飼いする事により盗難される可能性も出てきます。

コンビニに行く間のほんの2~3分 目を離した隙に、外に繋いでおいたトイプードルが盗まれた、

庭に繋いでおいたトイプードルがいなくなったという話はよく聞きますよね。

世の中、心無い事をする人はいます。

そうならない予防策の為にも、室内で飼われる事をお勧め致します。

 

まとめ

 

室内で犬を飼うと、毛が抜けるし、トイレシートもまめに替えなきゃいけないし、犬の臭いも気になるし。などなど、この記事をご覧の皆様は、様々な理由からトイプードルを外で飼う事をお考えになったかと思われます。

 

室内で犬を飼うというのは、確かに色々大変な事もありますよね。でも、良い事もたくさんありますよ。

室内犬は、暑さ寒さのストレスがかかりにくく長生きする子が多いようです。

一緒に暮らす事で目が行き届き、体調管理の面でもメリットがあります。

また、一緒に旅行だって行けますよ。今、ペットと泊まれる宿、たくさんありますよね。私は毎年、愛犬と共に旅行を楽しんでいます。

皆さんも、室内飼いの良さをたくさん見つけて下さいね。