犬を飼い始めると、飼い主は一日でも長く生きて欲しいと願い、寿命を延ばす方法はないかと考えます。

 

特に、子犬から飼い始め育てていると我が子のような気持になり、飼い方の工夫や、エサの上げ方などで、長生きさせる秘訣があるのであれば、知りたいと思う方は多いのではないでしょうか?

 

犬の場合、洋犬と日本犬の寿命の差がありますが、日本犬の代表とも言われる柴犬の場合、近年、室外飼いから室内飼いにすることが多くなり、寿命が延びていると言います。

 

飼い方が長生きに関係していることがわかりますね。

そこで、今回は柴犬を長生きさせる秘訣についてご紹介したいと思います。

Sponsored Links

 柴犬を室内で飼うと寿命が延びるの?

スクリーンショット 2016-04-28 22.34.21 

柴犬の寿命は、平均12~15年で、室外で飼うよりも室内で飼う方が長生きをすると言われています。

その理由は、室外で飼う場合には、風雨や騒音などのストレスや、ノミやダニが付きやすいことなどが、寿命に影響があると見られていますが、ハッキリとした原因はわかっていません。

 

柴犬を長生きさせることを望むのであれば、室内で飼う事をオススメします。

 

またオスの場合、去勢手術をした場合としない場合でも寿命の長さが変わります。できれば、去勢手術を行うようにしたいものです。

どうしても、室外でしか飼えない場合は、オスの方が向いていています。

オスは好奇心旺盛で愛想も良く、気性も荒いことから、メスよりもストレスが掛かりにくい傾向にあります。

 

ただ、柴犬にもそれぞれ個性がありますので、同じオスでも向き不向きはありますので、注意が必要です。

 

柴犬を長生きさせる秘訣はエサ選びが大切!

スクリーンショット 2016-04-28 22.36.27

 

 

柴犬に寿命を延ばす方法は、毎日食べるエサや環境など健康管理が大切です。

特にエサを選ぶときには、栄養バランスの良いドッグフードを選ぶ必要があります。

 

たんぱく質は、動物性と大豆などの植物性の両方入っていることが望ましく、カルシウム、カリウム、塩分も必要です。

 

ただし、塩分の摂り過ぎは人間と同じで、体に良くありません。

もうひとつ、摂り過ぎに注意したいのが、脂肪分です。

脂肪分の摂り過ぎは、肥満の原因となり、他の病気の引き金になります。

 

子犬用や妊娠中の犬用ドッグフードを、通常の成犬に与えると、脂肪過多となりますので、十分注意しましょう。

 

生活環境を整えて長生きさせる秘訣

 

柴犬は、非常に清潔好きな犬種です。できるだけ清潔な場所で生活できるようにしてあげましょう。

普段、柴犬が使用している毛布やベッドなどは小まめに掃除をしたり、取り替えたりしてあげることは大切です。

 

散歩から帰って来た時には、ブラッシングでノミやダニを落としてあげることも重要なケアです。

 

運動量も個体差がありますが、柴犬はもともと猟犬であった犬種で、大変活発な犬です。

外で走り回ることが大好きです。

出来るだけ散歩に連れ出し、ストレスを失くしてあげることが大切です。

 

日頃から、健康管理にも十分注意を払いましょう。犬は自分自身で健康管理を行ことはできません。

飼い主が体調管理をしてあげることが役目です。

 

スキンシップを取りながら、柴犬の体のチェックをしてみましょう。

少しでも、様子のおかしい場合は、早めのケアが必要です。

 

また、定期的に健康診断に連れて行くこともおススメします。

病気の早期発見で、寿命を延ばすことができます。

 

ただし、病気で苦しい思いをしながら、寿命が延びても、柴犬は喜びません。

健康で寿命が延びることが大切です。

老化に伴い、発症する病気も多くなりますが、しっかりとした予防策をとり、

迅速に病院に連れて行くようにしましょう。

 

まとめ

 

柴犬は、大変忍耐強く、飼い主に従順な犬です。

飼い主と共に生活をすることが、柴犬の幸せで有ると思います。

 

是非、ストレスを取り除き、良質なエサをあげて、長生きできるように、

大切にしてあげてくださいね。