柴犬を飼おうと考えた場合、やはり気になるのは、どれくらいの費用が掛かるかという事ではないでしょうか?犬を飼う時には、可愛いだけで衝動買いをせずに、どれくらいの費用が掛かるのかを知っておくことが大切です。

 

特に毎日のエサ代は、削る訳にはいきませんね。

飼ってしまってから、こんなに費用が掛かるのかと驚くより、柴犬を飼う時に必要な初期費用や年間のエサ代などを、ある程度知っておく必要があるでしょう。

 

今回は、柴犬を飼う時の初期費用や年間に掛かるエサ代について、詳しくご紹介したいと思います。

Sponsored Links

柴犬の子犬を飼う時の初期費用はいくら?

 スクリーンショット 2016-04-22 23.51.27

 

 

初めて柴犬を飼う場合、揃えておくものが有ります。

 

ゲージやお水とエサの受け皿、ドッグフードやおやつの準備も必要です。

トイレ、トイレシーツも準備しておきましょう。

その次に、散歩デビュー用に首輪とリードも準備しましょう。

 

ここで、柴犬をペットショップで購入した場合の初期費用のトータルをあげてみましょう。

 

柴犬購入費 約13~20万

・ゲージなど生活必需品購入 約3~5万円

・パピー用ドックフード 1年分 約5万円

・保健所登録費 3,000円

・混合ワクチン代 1回6,000円x3回

・狂犬病ワクチン接種 3,000円

・フィラリア予防薬 半年分 15,000円

 

推定初期費用:249,000円〜339,000円

( ※あくまで推定額です)

 

一般的費用を上げましたが、ワクチン代などは病院により金額が違いますので、

おおよその参考費用をあげてみました。

 

柴犬の子犬と成犬が食べるエサの量や与え方の違い

 145653_2

 

 

柴犬の子犬を家に迎え入れる時期は、おおよそ2~3ヵ月ころ子犬が多いのではないでしょうか?

 

柴犬の子犬であれば、体重1kgあたり160から200カロリーが必要です。

生後五カ月くらいまでは、消化器官が未発達ですし、永久歯も生えそろっていないため、ドックフードをお湯でふやかして食べさせてあげましょう。

決められたドッグフードの一日の量を、2~3回に分けて食べさせましょう。

できればドッグミルクを掛けてあげると栄養的に良いでしょう。

 

体が成長して来て、フードの量が足らなくなってきます。その判断をする為には、ウンチの固さで判断できます。

 

手でつまめないほどウンチが柔らかい場合、食べさせているフードの量が多いようです。反対にフードが足りていない場合は、コロコロの途切れたウンチになりますので、毎回与えるフードの量を調節してみましょう。

 

多くの柴犬は、成犬になると、食事の回数を朝晩2回にして、フードを与えるようにしましょう。

 

柴犬が成犬になった場合の平均体重は約10kgで、1日約250gのフードを与える必要があります。フードが入っている袋に記載されている与える量を参考にしましょう。

 

運動量の多い場合は、少し多めに与えても良いのですが、肥満大敵です。

柴犬を上から見て、胸の幅よりもお腹の幅の方が大きい場合明らかに肥満状態です。ドッグフードの量を減らしながら、様子を見ましょう。

 

一年間にかかる柴犬のエサ代はいくら?

 

一般社団法人ペットフード協会の統計によると、1カ月間のドックフードの支出全体平均は¥3,279です。おおよそ年間4万円のドックフード代が必要だと考えられます。

出典 news.mynavi.jp

 

ただしドックフードの値段は、それぞれ違いがありますので、一般的なドッグフードの値段での算出です。

 

エサには主食となるドッグフードがありますが、その他にもおやつに与えるものも有ります。

 

おやつのフードの平均支出は、約¥1,337です。

こちらも1年間で計算すると、年間¥16,000となります。

 

おやつはしつけのときに使用するなど、柴犬の楽しみのひとつになりますので、

是非、栄養度の高いおやつを与える様にしましょう。

 

まとめ

 

柴犬に限らず、犬を飼うにはそれなりにお金が掛かると言うことを認識しておく必要があります。

 

犬を飼う上で、エサ代はどうしても外せないものです。愛犬が寿命を全うするまでの費用は相当額になりますが、お金以上に幸せな時間を与えてくれる犬の存在は、費用に代えがたいものでありますね。